患者さんへのお願い

入院される患者さんへのお願い
私達は、患者さんやご家族に対し、より安全で納得の得られる医療を提供できるようにと常に心がけています。
そのためには患者さんご自身やご家族にも医療チームに入っていただき、病気や検査、治療、退院後の生活などについての要望をチームに良くお伝えいただき、納得いくまで説明を求め、ご理解いただくことが大切だと考えています。
医療チームには、患者さんとご家族、医師、看護師、放射線技師、臨床検査技師や工学技士、理学療法士、薬剤師、管理栄養士、さらに事務職員やソーシャルワーカーなどのスタッフから構成されます。
患者さんとその家族は医療チームの一員として次の項目についてご理解いただき、ご協力をお願いいたします。

  1. あなたがお使いになっている薬、いままでの病気、現在の症状などについてチームのスタッフに良く伝え、理解することを求めてください。また食べ物、薬、金属のアレルギーなど、お体の特徴についても詳しくお伝えください。
  2. 入院にあたり、あなたの主治医や日々担当する看護師が誰であるかを把握してください。
  3. 検査、手術など今回の入院の目的とその予定、期待できる成果、予想される合併症とその頻度、さらには期待どおりの結果とならなかったときの状態について担当者から十分説明を受けたうえで、不明な点がありましたらいつでもご質問ください。また提案される以外の検査や治療についてもその功罪を含めて説明を求めてください。
  4. あなたが受ける検査や治療の予定を、ベッドサイドにあるモニターでみることができます。毎日ご自身の予定をご確認ください。
  5. 感染の予防には手洗いが大切です。あなたと接触する面会者や職員に手洗いの励行を求めてください。
  6. あなたが飲む薬や注射の効果や副作用について説明を求めてください。
  7. 万が一のときに何かするときの手助けや、あなたが話すことができないときの代弁をお願いできるようにしておいてください。またその方への連絡(電話番号、FAX、メールアドレスなど)を必ずチームスタッフへお伝えください。
  8. 検査や治療を受けた後、その結果に対して納得がいくように説明を求めてください。結果についての説明がない時は「異常がないからだ」と思い込まずに主治医に説明を求めてください。
  9. 患者さんにはそれぞれにあった医療が提供されます。あなた自身の検査や治療などに対する不安は患者さん同士で相談せず、疑問が少しでもあるときは遠慮なくチームスタッフに尋ねてください。
  10. 退院時には、薬の飲み方や、自宅での注意や制限についての十分な説明を聞き、理解できるまで質問をしてください。

以上の項目についてご質問等がございましたら、いつでも近くの職員にお尋ねいただきますようお願い申し上げます。