人材育成

安全で安心な看護を提供する循環器専門の看護師の育成
Safety(安全)
R
elief(安心)
看護を提供する循環器専門の
Nurse(看護師)の育成にむけ、
教育カリキュラムを導入しています。
p-nurse-jinzai01
Ⅰ 人材育成の目的
  1. 病院理念、看護部理念に基づき、高度な知識と豊かな人間性を持った看護師を育成する。
  2. 受療者中心の看護が実践できる循環器看護師を育てる:SRNおよびエキスパートを育成する。
  3. 受療者にとって安全で安心な看護が提供できる看護師を育成する。
  4. 病院理念、看護部理念に基づく病棟運営ができる管理者を育成する。
Ⅱ キャリアラダー

p-nurse-jinzai03

Ⅲ SRN認定制度でキャリアアップ!
循環器看護のエキスパート育成に努めてきた榊原記念病院。私たちはその評価の証として、当院独自の循環器専門看護師(SRN:Sakakibara Registered Nurse)認定制度を1990年に発足させました。そのねらいは、個々のナースを循環器看護のエキスパートとして評価し、その能力に応じた業務に主体的に取り組んでもらうことにあります。

対象は当院のSRN認定教育過程をすべて履修し、一定の基準をクリアしたナースです。SRN認定者には、バッチ(襟に装着)、認定証、さらに手当(月額20,000円)が支給されます。

当院では、現在4割のナースがSRNとして勤務しています。

p-nurse-jinzai03_srn
srn-nintei
Ⅳ SRN(榊原記念病院独自の循環器専門看護師)
認定までの院内教育
1) 新卒看護師に対する実技演習

p-nurse-jinzai00
全体のオリエンテーション終了後、新卒看護師を対象とした実技演習を3日間行っています。
内容は、基本的なバイタルサイン測定、採血、輸液ポンプの取り扱い、車いす搬送、基本的な感染予防対策、スキントラブル予防対策、酸素療法や吸引療法の体験、心電図モニターや除細動器の取り扱いの体験などです。

新卒者の皆さんの不安を少しでも軽減できるような実技演習を行っています

2) キャリアラダーに基づくSRN認定までのOffJTとOJT

教育ラダーは、5段階あり、それぞれ成長目標と具体的な習得内容が明確になっています。
すべての看護師は、ラダーに基づくOffJTとOJTで、SRNに必要な知識と技術を習得し、エキスパート2をクリアして、審査に合格したら、SRNとして認定されます。p-nurse-jinzai04

プリセプターシップとチェックリスト

入職されたナース全員(新卒・既卒問わず)にプリセプターシップをとっています。
一人のプリセプター(先輩ナース)が一人のプリセプティ(新人ナース)に対し、一年間、可能な範囲で同一業務を行い、プリセプティの目標(看護単位内で必要な知識・技術・態度の習得)を達成できるようい指導や精神的な支援を行います。
各部署の機能や看護の特徴をふまえ、日常実践する看護業務や学習課題を項目としてリストアップしたチェックリストがあります。
1年間で習得できるように、1ヵ月、3か月、6か月、1年毎に目標が設定されており、評価を行いながら進めます。

多方面からのサポート体制

入職後のリアリティショックなどに対応するため、所属部署以外の「新入職者支援メンバー」が定期面接、院外研修などで、手厚くサポートします。