看護部理念

理 念
  • 受療者一人一人を医療チームの中心とした、受療者中心の看護を実践するために、循環器看護の専門職として、高度な知識と豊かな人間性を持ち、常に受療者の希望に耳を傾け、受療者が納得される看護を提供する。
  • 常に自らの『笑顔』『まなざし』『ことば遣い』などの接遇を振り返り、おもてなしの心(Hospitality)と分かりやすい説明により、受療者との確かな人間関係を築き、受療者にとって安全(Safety)で安心(Relief)な看護(Nursing)を提供する。
看護部の基本方針
  • 受療者が納得される看護の提供
  1. 医師の診療計画に基づき、適切な看護計画を立案し、それを受療者本人に開示するとともに、看護職員個々が責任と自覚をもって安全かつ正確に看護実践を行えるようにする
  2. 受療者中心のチーム医療を円滑かつ安全に実施するために、アサーティブで豊かなコミュニケーション能力を養う努力をする受療者にとって安全(Safety)で安心(Relief)な看護の提供
  3. 思いやりのあることばと笑顔を常に忘れずに、相手の立場にたって考え、行動ができるようにする
  4. 継続学習および研究などにより、常に自己の能力の維持、開発に取り組み、循環器看護のエキスパート(SRN:Sakakibara Registered Nurse)を目指して努力する