スタッフから皆様へ

帝京平成大学ヒューマンケア学部看護学科 2009年3月卒業
真壁 孝  (成人病棟勤務)

新卒で入職しました。
初めの頃は緊張と不安の日々でしたが、今年度ついにSRN認定を取得しました。病棟リーダーやプリセプター等、責任ある仕事もたくさんありますが、すべてに遣り甲斐を感じています。決まった業務を遂行するのが目的ではなく、患者さんのために何ができるのか常に考えています。でも正直楽しいことばかりではなく、大変な時もあります。そんな時はスタッフ同士が協力して共に乗り越えます。分からないことは気軽に相談できる等、サポート体制が整っていて、とても働きやすいのも魅力の一つだと思います。
私の目標はエキスパートナースです。
経験を重ねながら切磋琢磨していこうと思います。
stuff-makabe

新潟医療福祉大学健康科学部看護学科 2011年3月卒業
森屋 加奈  (小児病棟勤務)

新卒で小児病棟に配属になりました。
入職したばかりの頃は、日々業務に追われ、余裕がありませんでした。長期入院されているお子さんのご両親のほうが病気に対して詳しかったり、ケアの技術を習得されていたり、入職当初はご両親からも学ぶことが多かったです。
しかし、2年目になり、業務や実施できるケアなどが増えたことによって、仕事にも余裕が出てきました。心疾患についても少しずつですが、勉強をして理解できるようになってきたので、いまではより楽しく働けるようになりました。子どもたちの成長する姿や笑顔に囲まれて毎日働いていると、パワーと癒しを貰えます。
今後も患者さんのことを第一に考えた看護を提供できるように日々精一杯努力していきたいです。
stuff-moriya

帝京高等看護学院第二看護科 2000年3月卒業
渡邉 瑞穂  (ACU勤務)

他院で総合内科を経験し、「循環器をもっと学びたい!!」と2007年に榊原記念病院に入職、現在ACUで勤務しています。
ACUは、亜急性期?慢性期、終末期の外科・内科・小児科の患者さんが入院しています。またカテーテル室も兼任しているため、急性期医療にも携わることができる病棟になっています。
さまざまな病態の患者さんがいるため、幅広い知識と看護技術が必要になってきますが、Off?JT、OJTの育成カリキュラムが徹底されているため、不安なく日々勤務することができました。そして2010年にはSRN認定を取得することができました。
現在は、SRNとして、患者さんやご家族の心に寄り添えるよう、常にアンテナを高くし、安心、安全な看護を提供できるよう日々努力しています。
stuff-watabe