末梢血管外科

診療特徴
高齢化社会の到来に伴い、生活習慣病や動脈硬化を基盤とした病気が急増しております。当院では府中市に新病院を開院したのをきっかけに、循環器領域全体をカバーしようという方針から2004年4月から末梢血管外科が立ち上がりました。

当科で主に扱う疾患としては、腹部大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症、閉塞性血栓血管炎(ビュルガー氏病、バージャー病)、急性動脈閉塞症、下肢静脈瘤、下肢静脈血栓症、下肢浮腫(リンパ浮腫)、透析シャントトラブルなどですが、いずれの疾患も循環器内科、心臓血管外科と緊密な連携をとりながら診察、治療を行っております。診察時にはフィリップス社の最新鋭の超音波診断装置iU-22を駆使し、血管病変を患者さまに提示しながら診断、治療方針を決定してゆきます。また当院では動脈硬化度判定やドプラ血流測定、MRI、CTを用いた血管撮影は原則すべて日帰りで行います。

腹部大動脈瘤や急性動脈閉塞症などの一部の疾患を除き、末梢血管外科で扱う疾患は慢性疾患が多く、直接生命にかかわらなくても患者さまの QOL(生活の質)を低下させる疾患が多いことが特徴です。治療方針につきましては、納得のいく、十分な説明を行った上で決定していきたいと考えております。

主な対象疾患
腹部大動脈瘤 動脈瘤は通常無症状のことが多く、破裂する前に発見できれば手術で治療することが可能です。
詳細はこちら
閉塞性動脈硬化症 近年の高齢化や食生活の欧米化等により、動脈硬化のために徐々に動脈が閉塞する閉塞性動脈硬化症が増えてきています。
詳細はこちら
閉塞性血栓血管炎(ビュルガー病、バージャー病) 厚生労働省指定の難病(特定疾患)の一つで医療費公費負担の対象疾患です。
詳細はこちら
急性動脈閉塞症 急性動脈閉塞の原因としては閉塞症、血栓症のほかに外傷、急性動脈解離などがあります。
詳細はこちら
下肢静脈瘤 本来良性疾患ですので、患者様のニーズに応じて治療方針を決定しますが、夜間のこむら返り、下肢の浮腫や鈍重感、色素沈着や湿疹などの皮膚症状を伴う場合には積極的に治療を受けることをお勧めします。
詳細はこちら
下肢静脈血栓症 急に片側の足が腫れてきて痛みを伴うときは静脈血栓症の可能性があります。
詳細はこちら
下肢浮腫(リンパ浮腫) 脚のむくみはさまざまな原因で起こりますが、当院では原因を精査しながら、医療用圧迫ストッキングの着用を含めた治療方法をご説明します。
詳細はこちら
透析シャントトラブル 当院では「良好なシャントをいかに長期間維持するか」を念頭においてシャント作成や修復を行います。
詳細はこちら